CatFoods_Img

我が家では20年以上猫を飼い続けています。
今も3匹の猫たちと一緒に暮らしているのですが、やはり一番に気になるのは猫の食事のことです。
人間も食事のバランスが悪いと、病気になりやすくなるように、やはり猫たちにとってもカロリーの管理や栄養のバランスはとても大事となります。
人間の食事の場合は毎回作ることとなりますが、猫の場合は、一度にたくさん食べるのではなく、一日に何度も少しずつ食べるので、やはり手作り食では難しいものがあります。
そこで、我が家では猫の食事ではキャットフードを利用しています。
ドライフードは特によく使っていますが、それだけではなく、缶詰タイプのフードも使っていますし、レトルト、そしてたまにですが、おやつタイプのフードも用意しています。
ドライフードは長時間家を留守にする場合でも劣化が少ないので安心して置いていくことができますし、猫が体調が悪くて、あまり食欲がないときはウェットフードを出してあげると喜んで食べてくれます。
そして栄養のバランスがよく考えて作られているので、猫が必要としている栄養素がしっかり入っていますので、栄養のバランスも気にしなくて良いのも助かります。
最近は20年以上など長生きするペットが増えていますが、ペットが長生きしている原因のひとつにもやはりフードの発達があると感じています。
それからキャットフードのメリットは、フードにも実に多くの種類があり、体調に合わせて選べるのも嬉しいところです。
我が家では、結石ができやすい猫がいたのですが、その猫のために少し高価ですが、結石対応のフードを与えたところ、その後再発することがありませんでした。
そして毛玉を吐きやすい猫には毛玉対応フード、そして太り気味の猫のためには低カロリーのダイエット用フード、それから高齢の猫は腎臓が悪くなることが多いですが、それでも腎臓に配慮したフードがありましたので、年齢が違う猫たちにもそれぞれにあったフードを与えることができました。
そして、かなり弱ってしまったときも液体タイプの高カロリー食でしのげたこともあります。
猫を飼い始めた頃は、どのフードも同じようなものだと感じていて、パッケージだけ見て選ぶことも多かったのですが、健康のためにはフード選びが大切だと気づき、今ではできるだけ品質の良いものを与えたいために少し高価なフードも購入しています。
キャットフードも次々に新しい商品が出ていますので、じっくり比較して栄養のバランスがよく、そして安全性が高く体に良いものを選んでいきたいです。

CopyRight (c) nyahaha All Right Reservef