CatFoods_Img

我が家の猫は、今から10年前に小学生だった息子がいつも遊んでいた公園に捨てられていたといって、拾ってきた黒猫です。
アパートだったので困ってしまいましたが、小さくておとなしい猫で、その日からこっそり飼いはじめました。
だんだん大きくなってくると、若いころはあちこちにマーキングをしたりして、本当に臭くて困ってしまいましたが、最近は歳をとってきたせいか、とてもおとなしくしています。
ですが、歳をとったせいなのか毛玉ケアのキャットフードをあげても、毛玉を吐ききれないらしくすぐにエサを戻してしまうようになりました。
それまではずっと安いものばかりで、何度も買いに行くのが面倒だと思って、大容量のものを選んでいたのですが、どうもエサを吐く回数が増えて、よく観察してみると、毛玉は履いておらず、食べたエサそのものだけが出てくるという感じなのです。
吐くときも苦しそうでかわいそうだったので、なんとかしてあげたいと思い、ちいさいころから猫を飼っているという会社の上司に相談したら、それはエサに問題があるかもしれないと言われました。
上司の家の猫も、いつもは無添加のものをインターネットで取り寄せて与えているけれど、たまに切らしてしまって、間に合わせでコンビニで買ったエサをあげたとき、すぐに吐いてしまったそうなのです。
それを聞いてさっそく、上司がオススメだと言っていた無添加のキャットフードを近所のお店で探してみましたが、やはり取り扱っていないとのことで、すぐにインターネットで注文しました。
海外で作られているもののようで、お肉や魚の他にハーブも使われているようです。
これまでのエサと比べるから値段は高く感じますが、よく考えてみると散歩に連れて行くわけでもない、服を着せるでもない、猫にかかるお金と言えばエサと砂ぐらいです。
これまであまり気にしていなかった愛猫の健康を気遣って、長生きしてもらおうと思います。
エサを変えたら、あれほど苦しそうに吐いていたのがまったく吐かなくなりました。
どうも、毛玉が原因ではなく、今までのエサは脂分が多すぎて、胸やけのような状態になって吐いていたようでした。
猫は体調が悪くても、ごはんがまずくても、言葉で訴えることができないので、様子を見て気づいてあげないとかわいそうですね。
キャットフードってそんなに違いがないと思ってたのですが、やはり値段に違いがあるのは、それだけ品質にこだわって作っているからなんだと知りました。

CopyRight (c) nyahaha All Right Reservef