CatFoods_Img

我が家にいる猫のうちの1頭は、泌尿器系の病気にすぐになってしまいます。
膀胱炎を何度か患い、もしも尿結石になってしまうと大変なのでと、獣医師から尿結石にならないように尿のphをコントロールしてくれる療法食http://www.talesforthepetloversheart.com/shoku.htmlを食べさせた方が良いとアドバイスされました。
そのすぐに膀胱炎になってしまう猫は雄なのですが、雄猫の場合尿路結石になった時に、尿道が狭いため石が詰まって命の危険につながることがあるそうなのです。
今はまだ膀胱炎ですんでいるけれど、それだって血尿が出て痛くて辛いことなので、膀胱炎の予防のためにもphコントロールにしたほうが良いのだそうです。
値段を聞いて、そんなに療法食って高いのと驚いてしまいましたが、可愛い猫に元気で長生きしてもらうためには、仕方なのない出費です。
もっと節約に励んで家計はなんとかしようと決めて、ずっと動物病院へ行ってその療法食を購入していました。
同じく猫好きの友人とご飯を一緒に食べに出かけた時に、その療法食の話をしたら、インターネットの通販でも扱っていることを教えてもらいました。
ただし、療法食を与えるなら、基本的に獣医師にどういうものが良いのかを確認してから与えた方が良いし、自己判断で与えない方が良いこともアドバイスしてもらい、いつも食べさせているものなら獣医師から勧められて食べさせているので大丈夫だろうと思い、検索して探してみました。
すると、動物病院で購入するよりもものすごく安い値段でその療法食が販売されていました。
しかも、そのインターネットの通販サイトは、私がよく利用しているサイトなんです。
今までキャットフードをインターネットで探したことがなかったけれど、療法食が販売されているなんてととても驚きました。
いつも購入しているメーカー以外の療法食もいろいろあり、もっと安いものもあるのですが、友人のアドバイスにあったように、療法食を自己判断で与えるのはやめた方が良いと思い、いつも買っているものにしました。
それ以来、インターネットで療法食を買っています。
その時は安かったからというだけの理由でしたが、去年私が赤ちゃんを出産し、動物病院に食事だけを買う目的で出かけるのも大変になってきたので、自宅の玄関まで届けてくれるのが楽という理由も加わりました。
その療法食を食べてから、あんなに繰り返しかかっていた膀胱炎にも全くかからなくなったし、安いと言いつつやはり高い買い物ではありますが、元気でいてもらうために家計をやりくりしてずっと買い続けたいと思っています。
キャットフードは色々な国の商品がありますが、やはり人気は国産のもののようです。
その他にはhttp://www.smallbama.com/kuni.htmlでも紹介されていますが、ヨーロッパの商品も人気が高いようです。

CopyRight (c) nyahaha All Right Reservef