CatFoods_Img

現代はストレス社会である。

会社や学校など、団体での人間関係に悩む人が多い。
ストレスをどうやって発散するかどうかは、人によってさまざまである。

ある人はそのうっぷんをスポーツで発散したり、
またある人は気晴らしに景色のいい場所へドライブへ行ったりしてストレス解消をするだろう。

わたしの場合は、家のペットの猫との時間がストレス解消の時間と言える。

一般的な猫の性格として、気まぐれで自分が甘えたい時だけ甘えるということが言われるが、猫にもさまざまな性格があり、猫に懐かれるということは実際にあるものである。

実際に家の猫は初対面の人にはとても警戒するが、家族に対しては甘えてくることが多い。

ペットは飼い主にとって癒しの存在であり、ペットを飼っている人は家の触れ合いがストレス解消となる人が多いだろう。
その癒しのペットも、動物でありそれぞれに性格がある。


例えば、人が自分の前を通るとよく吠える犬、
反対に誰か見知らぬ人でも誰にも吠えずに懐いてくる犬など、真逆の性格をしていると言えるが同じ犬である。
これは性格によるものである。

家の猫にも個性といえる性格がある。

グルメであることがその一つである。
家の猫は近所からもらってきた猫なのだが、子猫であった頃はごく普通の安価なキャットフードでもものすごい勢いで食べていた。
さらに面白いことには家の猫は3人兄弟のうちの1人であったため、他の兄弟に餌をとられないようしゃべりながら食べていたのである。
その癖も数日経つとなくなってしまったが、相変わらずそれはよく食べていた。

その頃わたしはあまりに家の猫が可愛いため、猫にぜいたくをさせていた。
人が食べるものと同じ小魚をあげたり、少し高めの値段で猫が喜ぶキャットフードをあげたりしていた。
そのせいか、家の猫は大人になるにつれてだんだん安価なものの方を食べなくなっていったのである。

ただ、安価なものは容量が大きいものが多いため、食べなくなってしまうとなかなか減らない。
今現在も減らないまま残ってしまっている。
このように、甘えることを覚えた家の猫は、食に対しては少しわがままに成長してしまった。

ペットも人間と同じ動物である。
人間が子供の頃の体験が人格形成に対して影響を及ぼすように、ペットの動物も同様に影響を及ぼすようである。
家の猫はもうその安価なキャットフードは食べてくれないであろうし、これからも高価なものしか受け入れてくれないだろうが、それは癒し、ストレス解消の経費であると言えよう。
このように贅沢をさせていると安価なものを食べなくなるケースは猫だけでなく犬にも見られるので注意しましょう。
ですが、高価だからといってよい商品とは限りませんし、安価だから体に悪いとも限りません。
http://xn--nck1bpe3d4d0i.name/http://xn--nck1bpe3d4d0i.tk/
にもかいてありますが、猫に必要な栄養素をしっかり含んでいるタイプであれば値段は関係ないといえます。

CopyRight (c) nyahaha All Right Reservef